開戸事変

自分の書きたい事を書いていきます。バズをなるべく意識します。

誰にも真似できない『YouTuber』の苦しみ……


ハロー!ユーザー共!!
ヒラキンだよ!

微妙に名前が近いから少し戸惑っているよ!どうしよう!まぁ、いっか!


そういえば、最近のyoutuberってゲス野郎が多いイメージがあるよね!ただでさえyoutuberって世間から悪いイメージしかないのに、こんなゲス野郎は是非ともブタ箱で一生を送ってほしいよね!



しかし、実は『youtuber』って聞いたら、どうしても楽して稼げて人気者!っていうイメージが強いけど、別にそんなことはないよ!


「はぁー?ンな訳ねぇーだろ!あんなの働いてもいねぇーのと大差ねぇーじゃねぇか!」


という意見がどうしても聞こえてきそうで怖くて弁明するけど、それでは反論してくる君達は、そもそも『youtuber』になったことがあるかい?『youtuber』として人気者になり、『youtuber』としてお金を稼いだことがあるかい?

人は仕事をしていく上で、多くの喜びややりがいに出会うと同時に、多くの苦しみや悩み、悲しみにも出会うもの。それは『youtuber』だって例外ではない。

あ、ちなみにクソみたいな事件起こしたアホなyoutuberは例外だよ!ブタ箱でお寝んねしてね!


今回は世間でのイメージが悪化している『youtuber』に対して、想定されるであろう苦労を紹介していく。


YouTube』に毎日更新

これはブロガーにも共通することだけど、youtuberは基本的に毎日動画を作成して投稿していかなくては人気は得られない。

別に毎日投稿する必要なんてなく無い?なんて思うかもしれないけど、よく考えてほしい。好きなyoutuberが毎日のように動画を投稿していたら、毎日のように見たくなるだろう?そうでなくても、YouTubeで面白い動画がないか検索した時、検索にヒットする動画の方がより多くの人に見てもらえるんだ。

これはサイトを作成している人やブログを作成している人にも言える事だね。

それを毎日のように自分のコンテンツである動画を増やしていけば、視聴される機会は自然と増えて、アクセス増大は間違いなし。確かに毎日更新しなくてもいいかもしれないけど、確実な成功を高めたいのなら欠かせない手法だ。

例えば1ヶ月30日の場合、2日に一回しか投稿しない人と、毎日投稿する人の差は2倍だ。この時点で毎日投稿される人との視聴機会に決定的な差がある。

まぁ、それでも、コンテンツの内容や質によっては大きく変わってくるのも事実。ちなみに『開戸事変』は毎日更新しないよ!だって疲れちゃうもん!


投稿する『面白い』動画を毎日考える

先ほど、コンテンツの質がどうかと述べましたが、コンテンツの質次第では、例えYouTubeに投稿しているコンテンツの量が多くても人気や視聴者数が圧倒的にひっくり返る事がある。

また逆に、どれ程毎日YouTubeに動画を投稿していたとしても、コンテンツの内容が不十分で面白くなかったりしたら、例え自分のチャンネルに多くの動画があったとしても全く見られない事になってしまう。つまり数が多いという意味をなさないのだ。

なので、youtuberは毎日動画を投稿するだけでなく、常に面白い動画を考え続けなくてはいけないんだ。それも1日も休みはない。常にさ。年中無休で代わりなんていない。youtuberをやり続ける限り、面白い動画を考えなくてはいけない。

一体どこのブラック企業だって思うほどの仕事量さ。これが常に続けられる。もはや宿命と言ってもいい。


ファンへの配慮、SNSの配慮、日常生活の配慮

当然、人気を得るためには安定的な収益を得る事に欠かせない顧客『ファン』が必要不可欠だ。そういったファンを増やしていく、ファンの数を維持していくには、もはやSNSは不可欠。

SNSで常にファンの支持を固定化し、集めていく事で、自分の動画の視聴者数を維持、増大していくのだ。

しかし時として、このSNSの発言により自分の支持を急降下してしまうこともある。なので発言には慎重にならなくてはならない。もし、炎上騒ぎになるほどの発言をしようものなら、自分のyoutuberとして築いてきた栄光が、たった一言で崩れさってしまうのだから!

また、日常生活でも気を付けなくてはならない。ファンといつ遭遇するか分からないので、周りに迷惑をかけない、ある意味世間や社会でのお手本通りの人間像を演じなくてはならない。もし、ちょっとしたマナー違反やルール違反をしてみようものなら、ネットの人間、いや世間や社会も同様にそれを許さない。通常ではあり得ないほどのバッシングをくらうだろう。

例えばだ。あなたは喫煙者だ。毎回出るタバコのゴミにうんざりしてくるだろう。しかしあなたはマナーを守る、ちゃんとした人だ。しかし、そういう人だって時としてマナーを破りたくなる。いや、マナーを破るという意識すらない、ほんの些細な、この時のみ。あなたは何時もはしないけど今日だけタバコのゴミをポイ捨てした。普通の人ならそこまで拘らず許してくれる人が多いかもしれない。しかし、これがyoutuberなら話は別。youtuberは許さない。ネットも世間も社会も、youtuberは許さないだろう。

つまり人気youtuberになるということは、ネットでも、現実でも、常に緊張感を張り巡らせながら生きなくてはならない。これはもやは、多くの人々に監視されている状態と何ら変わりはない。


登録者数や視聴者数が収入に直結

ここまでyoutuberに関して述べてきて、youtuberの苦労を理解して頂けただろうか。悪いがまだ続く。

ところで1つだけ質問しよう。
一体なぜ、youtuberはここまで必死に動画を作り続け、自分を売り続け、ファンを気にしながらやっていくのか?

それは何と言っても「人気」を得る為。即ち『登録者数』と『視聴者数』を獲得する為。

そして、それが収入に直結するからである!

もし『登録者数』も『視聴者数』もないyoutuberがいるとしよう。そんな物はyoutuberなんかではない。ただyoutuberと名乗っている無職だ。

仮にyoutuberでも、この『視聴者数』や『登録者数』が得られなくては収益は稼げない。だから、こうして必死こいてやっている。『登録者数』や『視聴者数』が少ないと、生活を維持する事が困難になってしまうからだ!

コレなら、普通にアルバイトしたり、就職したりした方が幾分気が楽である。


復帰出来ない程のバッシングの危険性

別に最近世間を話題にした成りすましyoutuberを庇っている訳ではないが、世間や社会からのバッシングを生身でくらう。色々な人々から誹謗中傷罵詈雑言の数々をくらうだろう。おそらく普通の並大抵の精神力では身体が持たずに自滅してしまう。

youtuberだって同じ人間だ。もし、こんなバッシングを喰らってしまったら、彼らもどうなるか……



と、このようにyoutuberについて考えられるだけ想定される苦労を述べてきました。

まぁ、僕youtuberじゃないから全然分からないんだけどね!ただ世間が思っているより簡単な仕事ではないと思うんだ。


だって誰にでも出来る仕事なんて、この世中にあるかい?

少なくも、そういった仕事は限られているだろう?


という事で、youtuberはまだ僕が知らない苦労を背負っていると思うし、また、ここでは大袈裟に言っているだけで、案外気楽に楽しくやっているかもしれないね!

今回は結構長くなっちゃったけど、1つだけ言いたいことは前半と後半でキャラが大変身しているところだね!!


以上!


P.S.『youtuber』にはならないぞ!



【合わせて読みたい!】