読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開戸事変

自分の書きたい事を書いていきます。バズをなるべく意識します。

誰にも真似できない『YouTuber』の苦しみ……


ハロー!ユーザー共!!
ヒラキンだよ!

微妙に名前が近いから少し戸惑っているよ!どうしよう!まぁ、いっか!


そういえば、最近のyoutuberってゲス野郎が多いイメージがあるよね!ただでさえyoutuberって世間から悪いイメージしかないのに、こんなゲス野郎は是非ともブタ箱で一生を送ってほしいよね!



しかし、実は『youtuber』って聞いたら、どうしても楽して稼げて人気者!っていうイメージが強いけど、別にそんなことはないよ!


「はぁー?ンな訳ねぇーだろ!あんなの働いてもいねぇーのと大差ねぇーじゃねぇか!」


という意見がどうしても聞こえてきそうで怖くて弁明するけど、それでは反論してくる君達は、そもそも『youtuber』になったことがあるかい?『youtuber』として人気者になり、『youtuber』としてお金を稼いだことがあるかい?

人は仕事をしていく上で、多くの喜びややりがいに出会うと同時に、多くの苦しみや悩み、悲しみにも出会うもの。それは『youtuber』だって例外ではない。

あ、ちなみにクソみたいな事件起こしたアホなyoutuberは例外だよ!ブタ箱でお寝んねしてね!


今回は世間でのイメージが悪化している『youtuber』に対して、想定されるであろう苦労を紹介していく。


YouTube』に毎日更新

これはブロガーにも共通することだけど、youtuberは基本的に毎日動画を作成して投稿していかなくては人気は得られない。

別に毎日投稿する必要なんてなく無い?なんて思うかもしれないけど、よく考えてほしい。好きなyoutuberが毎日のように動画を投稿していたら、毎日のように見たくなるだろう?そうでなくても、YouTubeで面白い動画がないか検索した時、検索にヒットする動画の方がより多くの人に見てもらえるんだ。

これはサイトを作成している人やブログを作成している人にも言える事だね。

それを毎日のように自分のコンテンツである動画を増やしていけば、視聴される機会は自然と増えて、アクセス増大は間違いなし。確かに毎日更新しなくてもいいかもしれないけど、確実な成功を高めたいのなら欠かせない手法だ。

例えば1ヶ月30日の場合、2日に一回しか投稿しない人と、毎日投稿する人の差は2倍だ。この時点で毎日投稿される人との視聴機会に決定的な差がある。

まぁ、それでも、コンテンツの内容や質によっては大きく変わってくるのも事実。ちなみに『開戸事変』は毎日更新しないよ!だって疲れちゃうもん!


投稿する『面白い』動画を毎日考える

先ほど、コンテンツの質がどうかと述べましたが、コンテンツの質次第では、例えYouTubeに投稿しているコンテンツの量が多くても人気や視聴者数が圧倒的にひっくり返る事がある。

また逆に、どれ程毎日YouTubeに動画を投稿していたとしても、コンテンツの内容が不十分で面白くなかったりしたら、例え自分のチャンネルに多くの動画があったとしても全く見られない事になってしまう。つまり数が多いという意味をなさないのだ。

なので、youtuberは毎日動画を投稿するだけでなく、常に面白い動画を考え続けなくてはいけないんだ。それも1日も休みはない。常にさ。年中無休で代わりなんていない。youtuberをやり続ける限り、面白い動画を考えなくてはいけない。

一体どこのブラック企業だって思うほどの仕事量さ。これが常に続けられる。もはや宿命と言ってもいい。


ファンへの配慮、SNSの配慮、日常生活の配慮

当然、人気を得るためには安定的な収益を得る事に欠かせない顧客『ファン』が必要不可欠だ。そういったファンを増やしていく、ファンの数を維持していくには、もはやSNSは不可欠。

SNSで常にファンの支持を固定化し、集めていく事で、自分の動画の視聴者数を維持、増大していくのだ。

しかし時として、このSNSの発言により自分の支持を急降下してしまうこともある。なので発言には慎重にならなくてはならない。もし、炎上騒ぎになるほどの発言をしようものなら、自分のyoutuberとして築いてきた栄光が、たった一言で崩れさってしまうのだから!

また、日常生活でも気を付けなくてはならない。ファンといつ遭遇するか分からないので、周りに迷惑をかけない、ある意味世間や社会でのお手本通りの人間像を演じなくてはならない。もし、ちょっとしたマナー違反やルール違反をしてみようものなら、ネットの人間、いや世間や社会も同様にそれを許さない。通常ではあり得ないほどのバッシングをくらうだろう。

例えばだ。あなたは喫煙者だ。毎回出るタバコのゴミにうんざりしてくるだろう。しかしあなたはマナーを守る、ちゃんとした人だ。しかし、そういう人だって時としてマナーを破りたくなる。いや、マナーを破るという意識すらない、ほんの些細な、この時のみ。あなたは何時もはしないけど今日だけタバコのゴミをポイ捨てした。普通の人ならそこまで拘らず許してくれる人が多いかもしれない。しかし、これがyoutuberなら話は別。youtuberは許さない。ネットも世間も社会も、youtuberは許さないだろう。

つまり人気youtuberになるということは、ネットでも、現実でも、常に緊張感を張り巡らせながら生きなくてはならない。これはもやは、多くの人々に監視されている状態と何ら変わりはない。


登録者数や視聴者数が収入に直結

ここまでyoutuberに関して述べてきて、youtuberの苦労を理解して頂けただろうか。悪いがまだ続く。

ところで1つだけ質問しよう。
一体なぜ、youtuberはここまで必死に動画を作り続け、自分を売り続け、ファンを気にしながらやっていくのか?

それは何と言っても「人気」を得る為。即ち『登録者数』と『視聴者数』を獲得する為。

そして、それが収入に直結するからである!

もし『登録者数』も『視聴者数』もないyoutuberがいるとしよう。そんな物はyoutuberなんかではない。ただyoutuberと名乗っている無職だ。

仮にyoutuberでも、この『視聴者数』や『登録者数』が得られなくては収益は稼げない。だから、こうして必死こいてやっている。『登録者数』や『視聴者数』が少ないと、生活を維持する事が困難になってしまうからだ!

コレなら、普通にアルバイトしたり、就職したりした方が幾分気が楽である。


復帰出来ない程のバッシングの危険性

別に最近世間を話題にした成りすましyoutuberを庇っている訳ではないが、世間や社会からのバッシングを生身でくらう。色々な人々から誹謗中傷罵詈雑言の数々をくらうだろう。おそらく普通の並大抵の精神力では身体が持たずに自滅してしまう。

youtuberだって同じ人間だ。もし、こんなバッシングを喰らってしまったら、彼らもどうなるか……



と、このようにyoutuberについて考えられるだけ想定される苦労を述べてきました。

まぁ、僕youtuberじゃないから全然分からないんだけどね!ただ世間が思っているより簡単な仕事ではないと思うんだ。


だって誰にでも出来る仕事なんて、この世中にあるかい?

少なくも、そういった仕事は限られているだろう?


という事で、youtuberはまだ僕が知らない苦労を背負っていると思うし、また、ここでは大袈裟に言っているだけで、案外気楽に楽しくやっているかもしれないね!

今回は結構長くなっちゃったけど、1つだけ言いたいことは前半と後半でキャラが大変身しているところだね!!


以上!


P.S.『youtuber』にはならないぞ!



【合わせて読みたい!】

話題の『ハムケツ』の動画を集めてみた!


どうも!
最近「ケツ」は「ケツ」でも『ハムケツ』が大好きなヒラキドタイセイです!

うん!キモいね!
でも人間の「ケツ」には全く興味が無いから大丈夫だよ!ふふふ!

さて、気を取り直して……
前回引続き、またもや動物の「ケツ」の動画を集めてみました。またかよ…とは思わないで。前回『ハリネズミ』の「ケツ」動画が思っていたよりも不評だったのでリベンジマッチに繰り出したい所存なのです。

まさか全く反応無いだなんて…コレなら最近話題の『トランプ大統領』について書けば良かった……ネタあるから書きたいんだよなぁ……まぁ、更新した日時が午前4時だったから、「一体誰が見るんや?」というツッコミ感満載だっからね。これも理由かな?

とにかく今回も「ケツ」の動画を集めてみました!「ケツ」です!「ケツ」!あの……通報しないでね!「ケツ」と言えども『ハムケツ』だから!!

今回も完全に流行りと話題に便乗。でもコレも人気を得る為、というより実験の要素が強いです!コレでPV取れれば、まぁ、今とはまた違った『開戸事変』が出来上がるのでは?的な感じです。

取り敢えずこんな話は置いといて!『ハムケツ』厳選集を大紹介!!一生懸命選んだから見ろよ〜!!


一生懸命にエサを追い求めるハムスターが愛くるしい……


白くて丸くて可愛い


よちよち歩いているのが印象的!


いかがでしたでしょうか?
可愛いハムスターの「ケツ」でメロメロになったのでは無いでしょうか?もはや『ハムケツ』さえあれば美男美女は不要ですね!寂しさも吹っ飛ぶよ!所詮世の中は「ケツ」ですね!『ハムケツ』こそ正義ですよ!!

疲れた時に『ハムケツ』。
寂しい時に『ハムケツ』。
苦しい時に『ハムケツ』。
お腹空いた時に『ハムケツ』。


あれ?もう……『ハムケツ』さえあれば、それで済むんじゃ……


以上!


P.S.『ハムケツ』さえあれば、人生何とかなるもんだ!



【合わせて読みたい!】

『ハリネズミ』の可愛いお尻の動画を集めてみた!


最近YouTubeを視聴する機会が多いんですよね……。見ている動画は音楽だったり、アニメの編集した動画だったり、面白動画だったり、YouTuberの動画であったり。

ただ、そういう動画を見ているのも充分楽しいし、別にいいんですが、何というか『癒し』がほしい。動画を見ていて心安らぐ、不安を払拭して自らを清めてくれるような動画を見たいのです。(大げさ)

端的に言えば安眠作用を持つ動画を求めています。本音を言えばPV底上げ。バズりたい。

それでYouTubeの動画を厳選して記事に載せていくのですが、正直色々と問題とかありそうで怖いや。でも、大手のメディアでも普通にやっている事なんだよなぁ……一応、何かあれば対処する方針です。大丈夫かな?


という訳で!最近話題の動物動画『ハリネズミ』『お尻』動画を集めてみました!コレを見て皆さん是非、癒されてください!ついでに僕も!


『お尻』どアップな『ハリネズミ』


歩いている『お尻』が可愛い『ハリネズミ』


うずくまっている姿が可愛い『ハリネズミ』


と、3つの『ハリネズミ』のお尻動画をピックアップさせて頂きました!

ちなみに何故『お尻』なのか、別に僕の趣味ではないです。いや、流行りに乗っただけで……本当だよ!嘘じゃないよ!

フリフリ動く可愛い『ハリネズミ』の姿には本当に癒されます。Maxハイテンションです。

タマにはこういう記事も良いですね!動画載せると重くなるけどね……軽くする方法考えないとね……


今回は文字数少ないですが、文字数少ない記事もいいでしょう。あまり内容の無い記事を書いても面白く無いのでね!


以上!


P.S.本当に文字数少ねぇ!


【合わせて読みたい!】

デブに効く!『防風通聖散』のオススメ!


誰がデブだ。
僕はポッチャリだ。少しお腹の部分が膨らんでいるだけ。本当に少し。少しだけだよ……

さてさて、今までよく分からない記事を書いてきましたが、今回はもっとよく分からない。一体なぜ防風通聖散という滅多に聞くことのない漢方だか医薬品のことについて記事を書いているのか……


うん?タグに「PR」の文字?
フハハ!君は一体何をいっているのかね?


まぁ……そろそろマネタイズ面も本格的に動こうかと……ね。うん。それじゃあ、始めるよ!!


防風通聖散』って何?

画像引用:「防風通聖散の効果比較ナビ」


何だか必殺技みたいなネーミングの漢方(医薬品)ですが、ぶっちゃけ何なの?って感じですね!何だか特殊な能力を持つ人間にしか使えないようで、ハードル高めな感じ……

そもそも医薬品の紹介ってハードル高いんだよなぁ……先のDeNAの『welq』の件もあるもんね。

まぁ、置いといて……

防風通聖散』というのは、生薬(しょうやく)18種類を配合した物です。

簡単に説明すぎたので、つまりどういう物かというと……皮下脂肪や便秘に効くという物です。


要するにデブに効くのです。


防風通聖散』って美味しいの?不味いの?

何故詳しく効果を知る前に『味』なのか。皆さんは疑問に思うかもしれないが、得体のしれない薬を飲む前に結構重要な要素ではないでしょうか?

ね!気になるよね!やっぱり味が気になりますね!味が!


飲んでみて「ウォッ、エーー!!気持ち悪!!」ってなったら最悪だもんね!


大丈夫かな……これ一応、記事広告だからクライアント様に怒られたらどうしよう。


まぁ、とにかく味が気になるんだ!味が!口コミとか色々と調べてみるよ!PCで!誰がNAVERまとめだ。


割と5分くらいで調べられました。まとめてみるとこんな感じ。


『苦い』


うん!苦いね!だって薬だもん!


そもそも何に効くの?

一体なぜそんな苦い物を一生懸命勧めてくるのか、それにはちゃんと効果があるのです。効果が。


まず1つが『デブ』に効きます。効果的です。


「ダイエットだる〜い。もう、む〜り〜」という、そこのおっちょこちょいのおデブちゃん。一丁『防風通聖散』で生まれ変わってみないかい?

詳しい効果とか成分とか難しくてよく分からないので省きます。とにかくダイエットに向いているぜ!ヘタすると1ヶ月で痩せるらしいね!


あと『便秘』に効く。


お腹張っていて「もう、つら〜い!」というそこのあなた。『防風通聖散』を飲めばスッキリ、スパー!リフレッシュ。どこかで聞いた事あるようなCMのナレーションなのかはともかく、お腹張り過ぎてキツくて泣きそうな方には意外とオススメかも。


お値段は?高い?安い?

取り敢えず、どれも1000円以上です。決して千円札で買おうとしないでね。少なくとも1万札握り締めて購入した方がいいかも!

これが安いか高いか人それぞれ。
お腹の張りをどうにかしたい……脱デブしたい方には、良いんじゃないでしょうか?


まとめ

画像引用:「防風通聖散の効果比較ナビ」


今回『防風通聖散』という自分にとって未知の製品を紹介する機会を作って下さったクライアント様には感謝致します。

正直こんな記事を上げてしまうと訂正の嵐が起きそうですが、これが『開戸事変』。許してくださいませ。


そして全く未知の『防風通聖散』をここまで詳しく(?)紹介できたのはこちらのサイトを参考にしたおかげです。


「防風通聖散の効果比較ナビ」


こちらのサイトでは『防風通聖散』をより詳しく解説されているので、『防風通聖散』をより詳しく知りたい方は訪れてみるのもいいかも!


それではこれにて……


以上!


P.S.何とか書き上げる事が出来て良かった……



【合わせて読みたい!】

『マネタイズ』始めます。『記事広告』受付ます。


前回宣言した通り、早速『マネタイズ』を行いたいと思っています。

もう既に知っている方もいらっしゃるとは思いますが、『記事広告』のご依頼をお受けしています。

これに対応してバシバシと『記事広告』をお受けしていきたいと思っているのですが、ただお受け口的なところがない。

他のブログさんだと、記事広告を受け付けるための記事があるのですが、自分のところのブログ『開戸事変』にはそれがないので、これを機に作りました。

一応、クラウドワークスのプロフィールにも記事広告を受け付けるみたいなことを記述しておきましたが、見て頂ける方が限られているので、クラウドワークスが最近行ったサービス『WoW!me』より記事広告を受け付けます。

注意事項とか、万遍なく『WoW!me』の方で書いておいたので、それをご参考下さい。



今後、もし増えるのでしたら他のサービス(BASE)でも受け付けようかと考えています。


ちなみに記事広告のお値段は5000円です。これが高いか低いかは大きく違うと思います。もしかしたら今後価格が低くなるかもしれませんが、しばらくはこれで。


それで宣伝なのですが、このブログで記事広告を受け付けますと、当ブログだけでなく自分のTwitterアカウントの方でも宣伝させて頂きます。また、問題が無い限り削除されることはありません。

また、大手メディアの記事広告(L◯Gさんとか)と比べると、大手さんの相場が約50万円程に対して、こちらは「5000円」と価格面ではお安くなっており、お得です。


・大手メディア記事広告 50万円
・『開戸事変』記事広告 5000円


ただクオリティや成果の反映、獲得できるPVでは、大手に比べて劣ります。それでも是非、『開戸事変』への記事広告を考えて下さるなら、よろしくお願い致します。出来はクライアント様の判断に任せます。できれば、あまり期待しないで……。

『開戸事変』PVの参考へ。


記事はこちらで自由に楽しく書かせて頂きます。SEOも多少は意識して書くので、良い宣伝になると思います。

雑記なので、ジャンルは様々な物を受け付けます。ただ購入の必要があったりインタヴューとかは難しいかもしれません。まだ分からないけど。


こちらの事情やブログの事情で記事広告の更新が遅れてしまうかもしれませんが、受けた仕事はやり切ります。

是非、『開戸事変』への記事広告をお考え下さい!よろしくお願い致しまさ!


以上!


P.S.何だかつまんない記事になったな…



【合わせて読みたい!】

これからの『開戸事変』の方針について!


何だか久しぶり!
あ、ブログで「久しぶり」っていうのは悪い傾向だ……いけないいけない。

でも何だかどういうキャラクターでやっていたのか分からなくなってきたぞ!

よし!
こういう時は変身だ!とぉっ!!



ザ!ナマ物状態の手羽先!!

以上!


という感じで今後も元気に運営していくつもりです。


改めまして『開戸事変』を運営している「ヒラキドタイセイ」と言います。え?初めて聞いたって?

ちょ、ちょいお待ち下さいよ〜ご主人さま〜!!『開戸事変』始まる前から名乗っていたじゃないですか!!

忘れたのならココをもう一度見直して下さい!ちゃんと見直さないと激おこプンプンだぞ!



うわー、懐かし過ぎて涙出てきた……最初こんな感じで運営していたんだなぁ……まさか50記事まで行くとは思わなかったよ。本当すごいよ、自分で自分を褒めてやりたい。エラいエラい、僕とってもエラい。

という感じで今後も運営していきます。
よろしくお願いします。

まだ続くよ!


しかし記念すべき50記事目がまさかの「ブログ事情」って、自分のブログについて考えるの好きだな〜オイ。そんなにPV取れないのに。

まぁPV取れないのは全く更新していないのも問題だけどさ〜。

しかし読者数も増えてきてブックマークも……取れてないか。本当に読んでくれて頂いている皆さま方には感謝しかありません。こんな粗悪品記事を量産しているブログを見て頂いて感謝感謝です。

天にも登りそう……


はい。本題入るよ!


今後書いていきたい記事

今後書いていきたい記事は以下の通りです。前回にもご紹介したかな?

・時事
・エンタメ

チキン記事に至っては少し事情が変更しました。この件については後々ご紹介します。

『時事』のジャンルは『開戸事変』では外せない物へとなっていると考えています。でもやはり流行りに乗っている感が強い。それに関心のない問題は記事にしたくないし、そんな記事書けない。また、時期が過ぎたら全く読めない記事なので、個人的には『瞬発記事』と読んでいます。大切だけど、そこまで重きを置きたくない本音があります。

『エンタメ』は意外と伸びて頼もしい。ただ圧倒的に読まれないのもある。更に流行り廃りも早いので、なんだかな〜という感じです。しかし『時事』よりは安定している。個人的に量産したい何時でも読まれる『恒常記事』に近い分野です。あ、『恒常記事』というのは何時でも読まれるという意味で……


続いて、今後書いていく予定のジャンルです。

・社会編まとめ記事
・面白記事

「社会編まとめ記事」って何ぞや?という感じですが、簡単に言えば関心のある社会問題とか経済とか国際事情とか新サービスとか色々と根掘り葉堀りしながらまとめていくという、今までの『開戸事変』と比べて重厚感あふれる記事にしようと考えています。何時でも読まれる物を目指したいので『恒常記事』を目指しています。これを量産すれば安定だ!

「面白記事」というのは、読んでみてクスッとする記事や、可愛い動物について特集していけばと考えています。本格的にバズについて考えていきたいです。今までバズとも呼べないバズなので、完全に時代の流行りに乗っかっただけだし。

バシッと流されない記事を書いていきたいです。まぁ、「面白記事」も結構流行りに乗っかってそうだけど。多分文字数は少なくて、それで注目を浴びることを目指します。


過去記事はリメイクしていくつもりです。

過去記事はリメイクしていくつもりです。と言っても大きな変更はあまりしません。徐々に記事を更新していって自分の中で作ったブログでのローカルルールに当てはまらない部分を変更していきます。

それで過去記事も読まれやすくします。あまり時代感を出さないことを目的に。

そして【合わせて読みたい!】も全記事に配置させるように。過去記事が特にこの部分が弱いので。


あといつの間にか適用されている文字を大きくする措置もやりますぜ。


他にもブログ始めてみたよ!

本当は『開戸事変』一本に集中した方がいいのですが、どうも欲が湧いてきました。

なので他のブログ、何故か2つくらい新規で運営していきます。

ちなみにブログ名は……

・『チキン日記』
・『ToiMax』

『チキン日記』は先ほど「チキン記事」は今後書かないみたいな宣言しましたが、今後は『チキン日記』に集中して「チキン記事」を更新していきます。

特化ブログにしていきたいです。特定ユーザーに訴求していくことを目的にします。あとメインは『開戸事変』なので、そんなに更新しないかも。

続いて『ToiMax』ですが、このブログは結構大真面目に運営していこうかと思っています。『開戸事変』はユーザー目線で今まで運営できていなかったので、『ToiMax』ではユーザー目線で運営していって、ユーザーを満足させるブログを目指します。

目的としたら、ユーザーの疑問や悩みを解決することに特化させていきたいです。まだ分からないけどね!


今後はマネタイズも強化!お金欲しい……

宣言通り、マネタイズを開始していきます。



現在考えているマネタイズ方式は『記事広告』『アフィリエイト』『アドセンス』。

ちなみに『記事広告』は既にクラウドワークスを経由してお願いされていて焦っています。多分近いうちに更新します。良かったら見てね!


アフィリエイト』は徐々にやっていこうと思います。突然アフィリエイト祭りの如く、FC2時代の『開戸事変』みたいに目先の利益に囚われることなく書いていきたいです。ちなみに既に登録しています。あの有名な『A.8net』です。

アドセンス』も登録しています。まぁ、『Google』ではないんですけどね…ただこのブログ、proに登録していないので、至る所に広告貼ってあるので、せめて貼るとしても1つか2つだと今のところ考えています。

やはり積極的には『記事広告』をメインにやりたいですね!良質なメディア運営をしていきたい。多少の苦労はありますが、今まで読んで頂いているユーザーさんも離れさせたくないし……



ということで、以上あげてみましたが、やるやる詐欺にならないように頑張ります。ここで宣言したからには頑張らなくては!

今後も『開戸事変』をよろしくお願い致します!


以上!


P.S.『開戸事変』頑張るぞー!



【合わせて読みたい!】

『この世界の片隅に』は名作だ。今までの戦争映画とは違う視点から切り出した全く新しい作品なのだ!


画像元:https://youtu.be/kczb7IJJg0g


話題の『この世界の片隅に』を観てきました!

いや〜、前々からこの作品は知っていたので、期待作だったんですよね!クラウドファンディングによって実現された映画なので、何だか思い入れの強い作品に思えて、自分が観てもいいのだろうかと思ってしまいました。

結局観たんですけどね!テヘッ!

感想としてはキャラクターが可愛い!何だか観ていて和みます。喋り方も方言なので特徴的で、妙に聴き心地がいいのです。満足!

穏やかに進む生活風景に、戦争という過酷な背景を忘れてしまい、何だか安心してしまいます。観ていて気持ちいい作品です。

ただやはり戦争があります。戦争という描写を上手く日常生活に落とし込んでいます。これには見事としか言いようがありません。日常の中に、滲ませるように戦争の影があることにドラマティックに、時々可笑しく、残酷に、抽象的に、切実に写しています。

何だか今までの戦争映画とは一線を画すなぁ……と思えた映画です。

是非、続編の作品もあるので、それは是非原作でチェックしてほしいです。

それにしても、こんなに心温まる映画は本当に久しぶりだ。

女優の『のん』さんを声優に取り入れたのは本当に正解だと思います。主役「すず」の性格を見事に反映されており、従来の声優さんだとあそこまで再現できないかも。

というのも、声優さんはプロだから、本当にアニメとして完璧な声を演じることができます。それでも満足でしょう。しかし100点でも120点にはならない。

『のん』さんの声は、どこか、いい意味で「未熟さ」が感じられる声なのです。アニメという非現実の世界をよりリアルに伝える、いや、本来なら欠点なのだが、この映画では面白いくらいマッチングしている。凄い。

それくらい合っていたのです。
とにかくこの映画『この世界の片隅に』は、満点でした。大満足。


それが反映されてか否か、どうやら映画も順調そのもの。



やっぱり、良い映画はちゃんと評価されるのですね!


と、ここまで『この世界の片隅に』を思う存分に語り出しましたが、このままでは止まらないので、1つ1つ自分の言いたい事を整理して語っていきます。

今までの戦争映画との比較、『この世界の片隅に』の凄いところを重点に整理していきます。

では、どうぞ!


今までの戦争映画は過剰表現、または脚色しすぎるのでは?

画像元:https://youtu.be/kczb7IJJg0g

今まで色々な映画を観てきました。どれも感動の超大作です。泣かせてくれますね〜、泣きますけど。

感動を呼んで、改めて戦争の悲惨さを伝えてくれる名作ばかりですが、今回観た『この世界の片隅に』と比較すると、少し過剰表現が過ぎるのではないかとも思えるのです。

戦争を経験したことのない奴が何言っているんだ!なんて思われるかもしれませんが、僕が批判したいのは「映画の戦争に対する描写」です。戦争を体験した方の証言を疑ったり馬鹿にしたりという訳ではありません。

もちろん、戦争の描写を正しく認識した上で描写しているのかもしれません。正しいのかもしれません。実は『この世界の片隅に』の方が、思っていたよりも当てはまらないのかもしれません。

(もし、『この世界の片隅に』が戦争の描写を正しく描写できていなかったのなら、なぜ高齢者が映画館で思っていたよりも見受けられたのだろうか?高齢者の全てが戦争経験者という断言ではないが、アニメ作品にあそこまで高齢者が多かったのには、正直驚いた。)

しかし、どこか偏っている、パターン化されているような気がします。

必ず泣かそうとする。というか、最後は「泣け」って言われているような気がする。「日常→出兵→戦争→死亡」がパターン化されている気がする。「こうしたら泣くだろ?」感が強い。

多分これにギリギリ当てはまらないのは『硫黄島からの手紙』だと思う。最後は希望を感じさせてくれた。

あと戦争の悲惨さに対する描写が強い。戦争経験者はどれも不幸で絶望しか味わっていない。でも何だか、『この世界の片隅に』は、確かに戦争は希望なんてない。絶望しかないのかもしれないし、苦しみしか味わってないのかもしれないけれど、あの時代にしかない暖かさを表現できていたと思う。

苦しみしか見出せない戦争には、確かに泣くことしか出来ないのかもしれない。でも人は笑うことができるし、誰かを愛することができる。

そんなことを、『この世界の片隅に』はしみじみと感じさせてくれるのです。


この世界の片隅に』の凄いところ。

画像元:https://youtu.be/kczb7IJJg0g

まず最初に上げたいのが、キャラクターが可愛い。それだけでなく活き活きとしている。

デフォルメ化されたキャラクターなのに、まるで本当に生きているように見せてくれる。動きが豊かな感じを受けさせてくれます。生活感が凄く良く感じさせてくれる。

またキャラクターが個性豊か。様々な性格のキャラクターが、様々な表情をさせてくれます。

それから以外と細かい、当時の生活風景を描き出しています。習慣から食事、服、建物などをリアルに伝えてくれています。

抽象的な表現も面白かった。まさかワニが出てくるとは……

それから外せないのは日常生活の描写。暖かな生活に照らされながらも、戦争の背景を忍ばせている。明るいながらも時代をしっかりと捉えさせ、引き込まれます。


最後に自分が言いたいこと。

画像元:https://youtu.be/kczb7IJJg0g

この世界の片隅に』は、戦争という中で人々の、本当に生活に根ざした一般人の日常の生活を切り出したような作品です。戦争という過酷な時代でも、例え苦しくなっても、それでも逞しく生きる普通の人々を描いています。

僕たちは、戦争が『悲惨』だという印象を持っています。それは事実でしょう。しかし、どうもそのイメージが先行し過ぎて、当時の人々の一人一人の生活を見ることが出来なかったと思います。

我々は、戦争時代の悲惨さを知るだけでなく、もっと当時の日常生活の暖かさを知るべきなのかもしれません。


以上!


P.S.少し真面目すぎたかな?



原作本はこちらから。

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)


この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)


この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)



【合わせて読みたい!】